スラム地区に未来を基金
〜セブの子どもたちを学校に通わせようプロジェクト〜

MURANBU_LOGO

 Non-Governmental Organizations MURANBU
 
国際協力非政府組織 夢乱舞

 問い合わせ   E-mail : info@ngo-osaka.com   TEL/FAX : 050-1461-0512

 国際協力NGO夢乱舞では、東南アジアのスラム街の子どもたちへの協力支援活動を行っています。

NEWS!! 2016年5月2日、セブ島のマンダウエ区の火災の地域に支援を行いました

home activ actual video help prof album 




TOPIMAGE.JPG - 332,090BYTES

TA-POLIN.JPG - 97,795BYTES

2016年5月2日、セブ島のマンダウエ区の火災地域で活動を行いました。
この地域は、今年の3月に大規模な火災があり、約2000家族が被災しました。
フィリピンの街は、家が非常に密集しており、火事が発生しても消防車が入ることが難しく、非常に広い地域が火事になることが多いです。
他の地域に親戚などがいる家族は、そちらに引っ越してますが、
まだ多くの人が焼け跡や、近くの仮設地区に住んでいます。

今回、この地区でも特に家計が厳しい家族をバランガイ(日本での役所に当たります)に200家族選んでもらい、
日本の方に寄付していただいた服、米、お菓子、
駄菓子屋おかきさんから寄付していただいたうまい棒1000本、
NGO時遊人から寄付していただいたボールペンを寄付しました。



私たちはフィリピン・セブ島のスラム街やストリートチルドレン、ストリートファミリーに対し、
日本から送った中古の服、靴、かばんなどの日用品の他に、
米などの食料品などを寄附しています。
また、子どもたちに対してノート、鉛筆などの教材を寄附し、
学校に通えるよう協力支援をしております。

現地で物資を配布する様子など、後日YouTubeにてアップ予定です。
私たちの活動方針として、活動内容の「透明化」があります。
多くのNPO・NGOが実際は何をしているのか明確ではありません。
私たちは、そのようなNPO・NGOとは違い、多くのことを公開していきたいと考えています。

新着情報
2016年5月のボランティアの様子をYouTubeにアップしました。



2016年3月に火事になった地域です。
2000世帯が被災し、現在でも500世帯が避難所暮らしをしています。
日本と違い、復興にも時間がかかり、
2か月たった今でも、現地は焼けた家の多くが残っています。


          

メールマガジンを作成しました
当団体のメールマガジンを作成しました。
現在の活動状況や、動画のアップの状況、予定などを通知しますので、
興味のある方は是非ご登録をお願いします。
MAGAGINE.PNG - 6,875BYTES


更新履歴
2016年5月11日 トップページを更新しました。
2015年10月21日 トップページを更新しました。
2015年10月8日 「アルバム」ページを作成しました。
2015年7月8日 メールマガジンを作成しました。

今後の予定
2016年5月の連休に、セブ島内のスラム街にて物資配布予定です。

ビデオカメラの格安レンタル DVDコピーサービスはダビング館
パソコンレンタル東京 オンラインスーツケースレンタル

Coryright(C) 2015 NGO団体夢乱舞 All Rights Reserved.
本サイトで使用されている画像・写真・動画の著作権・肖像権は全て夢乱舞にあります。
無断での使用を固く禁止いたします。